fdy07cagerch1gdcembm


関連記事
スバル、「ミッドシップハイブリッドスポーツカー」の噂について否定

 自動車情報サイト「Car and Driver」によれば、「4輪駆動のハイブリッドスポーツカーをスバルが開発中」との情報を、スバルに近い関係者から入手したという。既に栃木県内の試験場で、試作車両の走行試験を行っているとのことだ。

 この関係者によれば、試作車両は水平対向ターボエンジンをミッドシップで搭載し、電気モーターを前輪駆動軸に2基、後輪駆動軸に1基配置。前輪を2基の電気モーター、後輪をエンジンと1基の電気モーターで駆動させ、四輪駆動を実現する。車台は、スバルの次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」を採用したという。

 車体については、「2ドアのスポーツクーペ、あるいは、スポーツクロスオーバーSUVとなる。最終的にどちらを選ぶかはまだ決まっていないが、可能性としてはクーペの方が高い」と、関係者は述べる。

 ハイブリッドパワートレイン、および、エンジンと電気モーターを組み合わせた四輪駆動システムは、昨年スバルが東京モーターショーで公開した「VIZIV FUTURE CONCEPT」車と同様の構想だ。ただし、今回の試作車両とは、エンジンと電気モーターの位置が異なる。現段階では両車が同一のものであるかは不明だが、関連性はありそうだ。

 試作車両のエンジン詳細については明かされなかったが、「VIZIV FUTURE CONCEPT」車と同じ1.6リッター直噴ターボエンジンを採用したのではないかと、Car and Driverは推測している。


Source & All photos by
Is Subaru Developing A Mid-Engine Hybrid Sports Car?