1

「この結果は我々が望んだものではない。だが、それでも来たるべき環境の変化に向け、円滑に対応しなければならない」と、イギリス自動車工業会(SMMT)の会長、マイク・ホーズは居並ぶ記者団に宣言した。現地時間6月29日に開かれた自動車工業会の年次総会で、2015年のイギリス自動車産業の好調な業績と成長を報告した、ほんの数時間後のことだ。

「短期的な混乱は元より、将来にも重大な懸念を及ぼす。しかし、今のところは順調な生産体制を維持しており、ビジネスも平常通りだ」

 EU市場へのアクセス権、価格競争力の維持、域内各国での人材確保の保障。この3点を堅持することが、今後予定されるイギリスとEUの貿易協定交渉に不可欠であると、自動車工業会は考えている。

 総会の会場では、ジャガーランドローバーの戦略担当役員、エイドリアン・ホールマークと、トヨタモーター・ヨーロッパの社長、ヨハン・ファン・ゼイルにも話を聞くことができた。

「イギリスで生産されるジャガーランドローバー車の8割は、国外へ輸出される。ヨーロッパはその重要な市場の1つだが、ヨーロッパだけでビジネスをしているのではない。これまで通り、イギリスで生産を続けていく」と、ホールマークは語る。ジャガーランドローバーはイギリスで4万人の雇用を生み出す、重要な現地企業だ。

「これまでにも、不況や様々な問題に対処してきた。EU離脱は乗り越えなければならない新たな壁だ」

 また、ホールマークは、ジャガーランドローバーが現在スロヴァキアのニトラに建設中の製造工場について、予定の変更は一切無いと強調した。同工場では年間15万台の生産能力と、2800人の新たな雇用を見込んでいる。

 トヨタのファン・ゼイルは「イギリスでのビジネスを中止せず、現地への貢献も続けていく」と、語る。

「EU離脱がどんな影響を与えるのか、長期的な解決策はあるのか。製造パートナーと共に調査しなければならない。将来何が起こるのかを考えこむのではなく、我々のビジネスを速やかに安定させることが、今やるべき仕事だ」

 イギリスにあるトヨタのバーナストン工場は、同社がヨーロッパ圏内に保有する9つの工場の1つであり、これまでの総投資額は20億ポンド(約2717億円)以上にものぼる。

「バーナストン工場では現在、オーリスとアベンシスを生産している。少なくとも当面の間は、この2車種の生産だけに注力するつもりだ」と、ファン・ゼイルはさらなる製造ラインの拡張も匂わせて、コメントを締めた。


Source & All photos by
Brexit: "acute concern" for the UK's car industry | Autocar


日本の自動車メーカーでは、トヨタ、日産、ホンダがイギリスに工場を持っています
イギリス最大の自動車工場は日産のサンダーランド工場なんですが、日産にコメント取りに行かなかったのかな
総会にいねえってことはないでしょ

行ったけどお通夜状態でしたとかだったら正直笑えない

なんだかんだいって残留すると思ってたんすけどねぇ
イギリス自動車産業にとっては痛すぎる
例えるなら、淫夢におけるKBTIT禁止令並み