1

 2015年のアメリカの販売台数トップ3はアメリカ車が独占した。一方、4位から10位は全て日本車に占められている。では、10位以下の販売実績はどうだったのだろうか? 昨年のアメリカ車販売台数トップ10を紹介する。

※1:カッコ内は販売台数および前年比増減率(▲はマイナス)
※2:「総合順位」は、アメリカで販売された全自動車中での順位

10位 ジープ チェロキー(22万0260台、23.4%)


2
・総合順位:19位
・車種:中型SUV

 チェロキーの特徴的なデザインには賛否両論あるが、性能は確かだ。前年比では23.4%増と、好調な売上を記録している。

9位 GMC シエラ(22万4139台、5.8%)


3
・総合順位:18位
・車種:大型ピックアップトラック

 シエラは、ランキング2位・シルバラードの姉妹車にあたる。基本性能は変わらないが、デザインや装備で差別化が図られている。

8位 シボレー クルーズ(22万6602台、▲17%)


4
・総合順位:17位
・車種:小型セダン

 激戦の小型セダン市場の中でも、特に高い人気を誇るクルーズだが、昨年は17%も売上が落ち込んでしまった。今年4月に新型を投入し、巻き返しを図る。

7位 フォード エクスプローラー(24万9251台、18.7%)


5
・総合順位:15位
・車種:中型SUV

 今ではホンダのCR-Vに1位の座を明け渡しているが、かつてエクスプローラーはアメリカで最も売れたSUVだった。なお、販売台数の内訳には、エクスプローラーを改造した警察車両「ポリス・インターセプター」の納入分も合算されている。

6位 シボレー エクイノックス(27万7589台、14.6%)


6
・総合順位:14位
・車種:中型SUV

 昨年、シボレーはデザインを改良した新型エクイノックスを投入した。中・小型SUV市場の競争は激しくなる一方だが、エクイノックスは前年比14.6%増と、消費者の心を掴んだようだ。

5位 フォード フュージョン(30万0170台、▲2.2%)


7
・総合順位:12位
・車種:中型セダン

 フュージョンは前年比2.2%減と、数字を伸ばせなかった。中型セダン市場最大のライバル・カムリに対し、昨年も苦戦を強いられている。

4位 フォード エスケープ(30万6492台、0.1%)


8
・総合順位:11位
・車種:小型SUV

 優れたデザインに加え、取り回しのいい小柄な車体、安価な価格設定はSUV入門車として最適だ。同社製の中型SUV・エクスプローラー(7位)との需要食い合いもあったかもしれない。

3位 ラム ピックアップ(45万1116台、2.6%)


9
・総合順位:3位
・車種:大型ピックアップトラック

 ここからは、アメリカ車の順位と総合順位が一致する。ピックアップの昨年実績は2.6%増と悪くない数字だが、15万台もの差がある2位・シルバラードの背中は遠い。

2位 シボレー シルバラード(60万0544台、13.4%)


10
・総合順位:2位
・車種:大型ピックアップトラック

 前年比で13.4%増と快進撃を見せたシルバラードだが、それでも1位・Fシリーズに追いつくことはできなかった。いつか、王座奪取の日が来ることはあるだろうか。

1位 フォード Fシリーズ(78万0354台、3.5%)


11
・総合順位:1位
・車種:大型ピックアップトラック

 昨年も圧倒的力を見せつけ、Fシリーズが「アメリカで最も売れた車」の栄冠を掴んだ。これで35年連続の1位となる。昨年発売した新型では、車体を軽量なアルミ製に置き換えたため「柔くなった」とも評されるが、前年比では3.5%増と、売上にその影響は見られない。


Source & All photos by
Top 10 Most Popular American Cars in the US ≫ AutoGuide.com News


SUVとピットラだらけや

去年アメリカで例の排ガス不正問題が発覚したとき、アメリカ人兄貴はフォルクスワーゲン批判する前に、もうちょっと環境に優しい車乗りなよと思った(小並感)

ただ、中・小型SUVが増えてきたのは環境的にいい傾向