no title

 ある統計によれば、高齢ドライバー(65歳以上)のうち、1日に交通事故で586人が負傷、15人が死亡しているという。加齢に伴う認知力や運転能力の低下は避けられないことだが、アメリカでは車は生活必需品であり、年をとったからといって簡単に手放すわけにもいかない。

 高齢者支援団体が運営するサイト「Caring.com」は、2014年に全米50州で発生した交通事故の死者数のうち、事故で死亡した高齢ドライバーの割合を調べ、州ごとに纏めた。

 人口密度が高く道路が混雑しやすい州や、バスなどの公共交通機関が整っていないために、高齢者自ら自家用車を運転しなければならない州は、特に死亡者に占める高齢ドライバーの割合が高いと、Caring.comは報告している。これから紹介するのは、高齢者なら住むのを避けてほしい「危険な」10州だ。

10位 デラウェア州


2
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:22%
・州の高齢者人口割合:16%


 デラウェア州では、高齢ドライバーへの厳しい規則が存在しない。人口密度の高さと、寒冷な気候で冬場は路面が凍結しやすいことも、高齢者の死者数増加の原因と考えられる。

9位 ワシントン州


3
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:20%
・州の高齢者人口割合:14%


8位 ニュージャージー州


4
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:21%
・州の高齢者人口割合:15%


 2014年、ニュージャージー州では交通事故で556人が死亡しているが、その内の21%を高齢ドライバーが占めた。

7位 ハワイ州


5
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:23%
・州の高齢者人口割合:16%


 観光客には人気のハワイだが、高齢者は旅行先から外すべきかもしれない。州内では、72歳以上のドライバーに対し免許更新間隔を短くするなど、高齢者の交通事故を減らすために努力しているが、成果は芳しくないようだ。

6位 ペンシルべニア州


6
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:24%
・州の高齢者人口割合:17%


 ペンシルベニア州最大の都市・フィラデルフィアでは、公共交通機関が発達しており、車が無くても生活は容易である。だが、郊外へ出てみれば、高齢者にとって住みよい州とは決して言えない。

5位 アイダホ州


7
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:22%
・州の高齢者人口割合:14%


 アイダホ州では、63歳以上のドライバーに対し免許更新間隔を短くし、適性検査もその都度行っている。人口密度も低い。それでも、毎年多くの高齢者が犠牲となっているのは、広大な田舎道を飛ばしすぎてしまうのが原因だろうか。

4位 ニューヨーク州


8
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:23%
・州の高齢者人口割合:15%


 ニューヨークは全米でも有数の大都市であり、道路は常に車で溢れている。高齢ドライバーなら避けた方が無難だろう。都心部では地下鉄やバスも利用できるが、ロングアイランドのような郊外では自家用車に頼らざるをえない。

3位 ミネソタ州


9
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:23%
・州の高齢者人口割合:14%


 ミネソタは「アメリカの冷蔵庫」とも呼ばれるほど、冬の寒さが厳しい。積雪と路面の凍結が高齢ドライバーへの脅威となっている。

2位 メイン州


10
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:27%
・州の高齢者人口割合:18%


 メイン州は高齢者の人口割合が高く、高齢ドライバーの死亡事故も多い。40歳以上のドライバーに対し定期的な視力検査を課しているが、対策が十分とは言えない。


1位 ロードアイランド州


11
・交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合:35%
・州の高齢者人口割合:16%


 アメリカで最も小さな州が、最も高齢者に危険な州となった。ロードアイランドでは、75歳以上のドライバーは免許有効期間が短く、頻繁な更新を求められる。だが、高齢ドライバーの悲劇を食い止めるには、それ以外の対策も必要だろう。


Source
Top 10 Most Dangerous States for Senior Drivers ≫ AutoGuide.com News
The 10 Most Dangerous States for Senior Drivers


「交通事故死者数に占める高齢者の割合(歩行者含む)」は、日本が50.3%、アメリカが16.7%だそうです。すげえ差だ。完全な自動運転社会が到来したら、高齢者の事故も減るのかな。

あっ、そうだ(本題)
「高齢ドライバーに安全な州 トップ10」も↓に貼っておくゾ

冬期の積雪と路面凍結の恐れがない温暖な州、高齢者に厳しい免許規則を課す州、人口密度の低い州が優秀な成績のようです

単純な「高齢ドライバーの死者数割合」だとアラスカが1番低いんですが、ランキングは高齢者人口割合も考慮されているようです。ワーストの方も。


高齢ドライバーに安全な州 トップ10


順位州名交通事故死者数に占める高齢ドライバーの割合(%)州の高齢者人口割合(%)
1ニューメキシコ915
2ノースダコタ1014
3ルイジアナ1114
4アラスカ79
5モンタナ1517
6ミシシッピ1314
7サウスカロライナ1516
8ワイオミング1414
9フロリダ1919
10コネティカット1715



Source
The 10 Safest States for Senior Drivers