1

 アメリカでは毎年、何十万台という車が盗難被害に遭っている。その中でも、車泥棒に最も人気のある車種はなんだろうか?

 全米保険犯罪局(NIIB)は、昨年盗難被害に遭った車の上位10車種を発表した。NIIBでは毎年同様の調査を行っている。警察当局が収集したデータを、全米犯罪情報センター(NCIC)の登録情報と照らし合わせることで、車の車種や年式などを特定する。

 上位10台に共通する特徴は、まず「人気の車」であるということだ。販売台数が多ければ多いほど、当然被害件数も比例して増加する。交換用の部品は安定した需要があり、闇市場では活発に取引されるようだ。また、一部の車種では防犯機能面の不足も要因として挙げられる。以下は、盗難被害件数上位10車種のランキングだ。

10位 シボレー インパラ


2
盗難件数:9225件

9位 ダッジ キャラバン


3
盗難件数:9798件

8位 日産 アルティマ


4
盗難件数:1万0374件

7位 トヨタ カローラ


5
盗難件数:1万0547件

6位 ダッジ 大型ピックアップトラック


6
盗難件数:1万1212件

5位 トヨタ カムリ


7
盗難件数:1万5466件

4位 シボレー 大型ピックアップトラック


8
盗難件数:2万7771件

3位 フォード 大型ピックアップトラック


9
盗難件数:2万9396件

 フォードの大型ピックアップトラック「Fシリーズ」は、30年以上にわたりアメリカの販売台数1位の座に輝いている。このランキングの上位に来るのも納得だろう。

2位 ホンダ シビック


10
盗難件数:4万9430件

1位 ホンダ アコード


11
盗難件数:5万2244件

 アコードの1位、シビックの2位ともに2年連続となった。ホンダ車の信頼性には定評があり、部品の質の高さでも知られる。それが闇市場での人気を呼んでいるのかもしれない。また、その信頼性ゆえに、アコードやシビックは非常に古い型式のモデルが現役で使用される例も少なくない。そうした個体は最新の防犯装置を搭載していないために、格好の餌食となるようだ。


Source & All photos by
Top 10 Most Stolen Vehicles of 2015 » AutoGuide.com News


以前紹介した記事↓ではシビックが1位だったんですが、今回は全米保険犯罪局が発表した正式なデータです。まぁ、そんなに傾向は変わりませんが。

「2015年にアメリカで盗難被害の多かった車」上位10台を米警備会社が発表