1

 スバルのスポーツカー「BRZ」は率直に言って売れていない。発売以来、販売は常に苦戦を強いられてきた。収益面では全く期待できない存在かもしれないが、それでもスバルはBRZを手放そうとしない。2017年モデルでは内外装に大幅な改良を加え、次世代機開発の噂も聞こえ始めている。スバルがこの車にこだわるのは、明確な目的があるからだ。

 スバルはBRZを販売することによって、普段スバルの販売店を訪れないような、新しい顧客層を呼び寄せることに成功した。スポーツカーの愛好家が、スバルの主力車種であるSUVやステーションワゴンにも興味を示すとは限らないが、実際に店頭で見て触れるきっかけにはなる。なかにはBRZに惚れ込んだオーナーが熱心なスバルファンとなることもあるだろう。

 BRZは、日常の足ではなく、2台目の車として選ばれることが多い。いわば道楽としての車である。そして、スバルが本当に売りたいのは、スポーツカーのような特別な存在ではなく、普段使いとしての車だ。BRZの役割とは一緒の宣伝のようなものだ。

 スバルがBRZを廃止しない5つの理由。それは「フォレスター」「アウトバック」「クロストレック」「WRX/STI」「レガシィ」の5車種をより多く販売するためである。


Source & All photos by
5 Reasons Why Subaru Can't Axe the Low-Volume BRZ - Torque News


「アウトバック」はレガシィ アウトバック、「クロストレック」はXVのことです

BRZいらねーよなんて言っちゃ、ダメだろ!(マジメ君)
たくやゎイニD厨なのでハチロク→86BRZも好きです